小学校でのプログラミング教育必修化について

この記事は約3分で読めます。
広告
広告

目次

1. プログラミング必修化に関するポイント

2. プログラマーとしての視点

3. プログラマーとして働くこと

(1)プログラミング必修化に関するポイント

• 2020年から必修化されるそうです

• 「プログラミング」っていう教科が新設されるワケではありません

• 算数や理科などに織り込まれるようです

• 必ずしもパソコンやタブレットを使う訳ではないようです

「IT人材の不足」が予想されるから‥とのことですが、

それならそれで現在の日本のIT業務従事者の地位をもっと向上させようよ‥なんて思ったり。

同じことが「介護関連の職業」にも言えるんじゃないかと。

時代(IT化や高齢化に)に職業の地位が追いついていない気がする。

もしくは時代に合わせた働き方をしている労働者側の考えを刷新しないといけないのかも。

おっと話がそれた。

(2)プログラマーとしての視点

中身を紐解いて行くと、

「プログラミング言語を用いてゴリゴリなにかを開発する」というワケではなく、

「物事の手順を構造化する」とか「論理的思考(受験勉強的なものではなくよりパズル的な)の強化だったりするみたい。少々安心。

私の場合はプログラミングを通してロジックを構築する力や物事を構造化する力を身につけたと思うので、プログラミング必修化については賛成。

「社会に出てから役立つ勉強」具合は他の教科よりはかなりマシだと思う。

指導要領に「プログラミングの楽しさを教える」ってあるけど、これまた現場の先生からすると難儀な気がする。どうせテストもあるだろうし、授業についていけない子は置いていかれるだろうし。

やりたい子はドンドン先をやらせる。

なんならプログラミング言語学ばせたり、ラズベリーパイ触らせたりする。

「評価をしない科目」とかになればいいなーって思う。

 

(3)プログラマーとして働くこと

プログラミングをするっていうのはざっくり言うと

「何かを自動化する」だと思っています。

つまりその分、誰かの仕事が楽になったり早くなったり。

ちょっと極論かも知れませんが、世の中にプログラムが増えれば増えるほど

世界が未来に進んでいくんじゃないかって思ってます。

「AIが仕事を奪うんじゃないか」とか

「人間がやるから温かみがあっていい」とか色々あるとは思いますが、

スマホのゲームも自動ドアもコンビニのレジも、

突き詰めていくと全てがプログラミングされています。

昔に比べてプログラミング自体の敷居も下がっています。

学校で習ったことなんてほとんど役に立たない‥と思っていますが、

プログラミング教育には少し期待をしつつ今後の動向を見守りたいと思います。

コメント