圧巻の曲技飛行!エアフェスタ浜松2019に行ってきた!

この記事は約4分で読めます。
広告
広告
広告

エアフェスタに行ってきた!

2019/10/20(日)に自衛隊浜松基地にて開催された「エアフェスタ浜松2019」に行ってきました!

お目当ては「ブルーインパルス」の曲技飛行です。

「ブルーインパルス」といいますのは…

ブルーインパルス(Blue Impulse)は、航空自衛隊に所属する曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)の愛称である[2]。当初は部隊の中の1チームという位置づけであったが、1995年には正式に1部隊として独立した。正式部隊名は第4航空団飛行群第11飛行隊で、広報活動を主な任務とし[3]、展示飛行を専門に行う部隊である[4]。世界の曲技飛行隊の中でも、スモークを使用して空中に描画を行う、いわゆる「描きもの」が得意なチームとして知られている[5]

〜Wikipedia「ブルーインパルス」より〜

ざっくりいうと飛行機が飛んでその雲で色々描いてくれます。他にもアクロバティックな飛行を見ることができます。

自衛隊に潜入!

さてさて中に入るとどんな感じなのか…

最初に手荷物検査を受けます。金属探知機を身体にあてられたりカバンの中を見せたり。

別に悪いことしてるワケじゃないんですが妙にドキドキします(笑)

さてさて検査を通過して改めて入口へ!

前日は雨で今年は無いのかな…なんて思ってましたが晴れました!

そしてすごい人、人、人…

自衛隊に入ることなんてなかなかできないので何を見てもソワソワしちゃいます。

全体図がありますが、とにかく広い!入り口から観覧スペースまでのシャトルバスが中で運行されているほど。

こちらは宿舎でしょうか。こんなトコまで近づいて見られちゃいます。

この日はお祭りというわけで自衛隊の方々が交通整理や整備係をされています。

なので、アチコチに自衛隊の方々がいます。なんか緊張するわ(笑)

いきなり飛行機がドーンっておいてあってびっくり!

大人が言うことでもないかもしれませんが、これが空を飛ぶんだもんなーって関心。

曲技飛行の数々

当日は朝8時から色々なショーを見られるのですがお目当てのブルーインパルスは14時から。

もうみんな、滑走路の近くに陣取って今か今かと待っていました。

そして定刻になると…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

会場ではアナウンスで解説してくれるので、よくわからず行っても楽しめます。

とにかく正確なフォーメーションで綺麗に飛行する姿が感動です!

エンジン音も間近なので轟音!大迫力です。

高~いところまでいったり

一気に急降下したり…

こりゃすごい!

最後は滑走路に無事着陸してパイロットの方々が礼をしてくれます。

すげー!パカって開いた!(笑)

その他の展示

曲技飛行ももちろん楽しめるのですが、当日はあらゆる場所に入れて色々なものを観覧することができます。

飛行機のエンジンを間近で見られたり(高さ3m近くあります!)

 

格納庫の中に入れたり。

曲技飛行では使用しなかった飛行機もたくさん展示されていました。

他にもお祭りということで出店もたくさん。

やたらチーズハットグとタピオカが多かったのはやはり流行りでしょうか(笑)

駐車場や行くときの注意点

当日のみ近くにいくつか有料駐車場が解放されますが、朝一番で行かないとまず取れません。

9月あたりから抽選を行っている駐車場もあるのでまずはそちらにトライしてみてはいかがでしょうか。

結局はバスなどの公共交通機関を利用するというのが無難かもしれません。

帰りはタクシーを呼ぼうとしても近場のタクシー会社はパンク状態になります

最後に

最後に門をくぐって「あー楽しかった!」とおしまい。

外周を歩いていると改めて普段は入れないところに入ったんだなーと実感。

今年は晴れたとはいえ、雲が多かったせいか飛行機の雲で空に色々描く曲技はあまり見られませんでした。。。

実は去年も参加しています(去年楽しかったので今年も参戦)。

ブルーインパルスの曲技飛行がすごい!エアフェスタ浜松2018に行ってきました!
航空自衛隊浜松基地の「エアフェスタ浜松2018」に行ってきました。そのレポートです。

こちらには飛行機で星やハートを描いた様子を載せてあるのでご興味ありましたら是非ご覧になってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント