働いていて「こんなもの無くなればいいのに」と思ったもの

この記事は約5分で読めます。
広告
広告
広告

まだそんなことしてるの?

世間では「AIが人間の仕事を奪うかもしれない」やら「技術革新が行われている」やらとありますが、まだまだ昔ながらのやり方で仕事を行なっている企業もたくさんあります。

私がシステムエンジニアとして実際に働いていた会社(所属していた会社/常駐先‥)で行われていたことで「こんなもの無くなればいいのに」と思ったものを3つほど紹介いたします。中にはテレビでCMを流しているような大企業もあったりします。

今から紹介する事柄を既に廃止し一歩先の働き方をしている企業もたくさんあるかと思いますが、まだまだ実情は追いついていない‥という記録も含めて投稿させていただきます。

(その1)FAX

発注や受注の連絡をFAXで行なっている現場の方が多かったです。

結局のところ、紙で送ったところで大概の場合は受け取った側はそれをみて受注システムに入力とかしているのがほとんどの場合なのに一度紙にお越している。。

電子データ、せめてメールでやりとりすればいいのに‥と提案すると

「FAXは楽だから。」という言葉が帰ってきて閉口。

それは相手側に送る瞬間だけの話かと思うのですが。

後から発注の履歴を調べてくれと言われようものなら、百科事典のような分厚さを誇るファイルでFAX済みの発注書をめくって探し出す。何千枚の発注書の中からサッと取り出せる担当者もいるのですが、それは大体発注した順番を覚えているから。他のメンバーが調べようとしたら血眼になって一枚一枚紙をめくって探索しなければなりません。

もちろん集計的な作業も後に金額をExcelに転記してからの計算。なんだその転記作業って。

それで月末忙しいとか言うんじゃねーぞって思ったりもします。

そもそもの仕事のやりかたを変えるだけ‥だと思うのですが、現場の方々は「パソコンとかは苦手だから」と逃げてしまいます。そんなことを言っている人たちに限って休み時間にバリバリスマホでラインとか使いこなしているのを見るとため息が出ます。

この手の話はやはりトップダウンで「もうFAX廃止するぞ!」と鶴の一声でやってしまうに限ると思うのですが、私が働いていたところはそんなこともできない会社(結構大きな会社ですよ)でした。情けない。

経営者も未来を語る前に旧石器時代のような仕事のやり方をまずは現代風にしてほしいものです。

ウチの近所の老舗スーパーでさえ清算のみセルフにしたレジにしてレジ渋滞を無くしたりしてるのに‥

(その2)名刺交換

これこそ無駄の極致だと思っています。

そもそもなんのために行なっているのでしょうか?

連絡先の交換?それならメールでもいいのでは。

今は名刺管理アプリなどもかなり優秀になってきて写真で撮影するだけでデータ化することができるようになってきていますが、そもそも名刺という媒体自体に無駄があると思っています。

初めから電子データとしてスマホなり社員証なりに名刺情報を入れておいて、かざすだけで交換できたりするようにならないのかな‥って思います。

先ほどのFAXの件ではないですけど、相手の連絡先や会社の名前などを調べる時はメールやインターネットで調べ直します。決していただいた名刺を見返したりしません。一枚一枚みて探したりしても拉致空かないし後生大切に保管しておいてどうするのよ。トレーディングカードじゃないんだから。

「名刺に関するマナー」とかも謎。渡し方や受け取り方。

机の上での並べ方‥いまだ新入社員研修で行なっているのではないでしょうか。

せっかくの大切な会議の時間。ほぼほぼ意味をなさない儀式の為に時間を割いてるようじゃ効率化も何もないかと思います。

(その3)全社集会

「全社員が一堂に会して‥」「社長より全社員へのメッセージを‥」

ある程度の規模の会社に当てはまる話なのですが、全社員が集まって総会のようなものをやる‥。

数百人以上の人間を一箇所に集めるだけでも多大なコストがかかるのにそこにどれだけ意味があるのでしょうか‥

「顔と顔を合わせることによってコミュニケーショを深める」「普段交流しない部門のメンバーとの交流」「前者としての一体感を醸成する」

いや嘘だろ?! んなことないって。

そもそもそんなことでモチベーションが上がるほど、モチベーションが低い社員の会社に関する関心は低いんだし。モチベーションが高い奴は別に放っておいても高い。どうぞお好きに。

他部門との交流が好きな奴は普段から上手いことやっている。

人が一箇所に集まって‥なにかを唱和したり共有するってほぼほぼ洗脳に近いのでは。怖えぇよ。

全社総会するヒマあったら全社有給にして少しでも労働時時間短くしましょうよ。

会社は無駄が9割ーーー会社に巣食う3つのムダ【電子書籍】[ 山口智朗 ]

価格:1,079円
(2019/6/9 14:39時点)
感想(0件)

まとめ

いかがだったでしょうか?

もちろんもっと効率的な仕事の仕方を行なっている企業もたくさんあるかと思いますが、未だこんなことしてるんだ‥とため息をついてしまう企業が多いのも事実。

「AIが人間から仕事を奪う」とありますが、まず「頭の硬い経営者たちから仕事を奪って」欲しいものであります。

ちなみに姉妹記事としてこちらもあります。お時間ある方はぜひ。

https://1sec-happy.com/徒然/働いていて疑問に思ったこと、残念に思ったこと/

最後までお読みいただきありがとうございました。

まんがでわかる 99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ [ 河野 英太郎 ]

価格:1,512円
(2019/6/9 14:41時点)
感想(1件)

 

コメント