まさに空の散歩!日本一の吊り橋「三島スカイウォーク」に行ってきた!

この記事は約4分で読めます。
広告
広告
広告

箱根の峠を越えつつ‥

お天気の良い週末に日本一の大きさを誇る、

「三島スカイウォーク」に行ってきました!

写真を見ると「そんなに天気いいの?」って思いますが、

雨も降らず、それでいて暑くもなく‥っていうのがいい感じでした。

ただの吊り橋‥と侮ることなかれ。

色々なアトラクションや絶景を楽しめる立派な観光スポットなんですよ。

さて吊り橋!‥その前に

入り口から入ると、吊り橋にいきなり行けません。入場料も必要ですし。

道の駅のようになっていてお土産やフードコートがあります。

まずビックリするのがトイレが豪華なんです!

トイレなので流石に撮影はしませんでしたが、看板通りのラグジュアリーなトイレでした。

ぜひその目で確かめてください。

ちなみにトイレ入り口付近にはこんなガチャガチャも。

さてそろそろ吊り橋へ行きましょうか。

チケット売場で入場料(大人:1000円 中高生:500円 小学生:200円)を支払っていざ!

チケット買っていざ突入!

入っていくと、暑さ防止(?)のヒマワリたちが出迎えてくれます。

涼しいミストがショワショワ〜って吹き出しています。

さらに進むと写真スポットでしょうか、「SKYWALK」のモニュメントが。

それを越えると橋なんですが、その前に展望台があってそこに登ると橋の写真を撮ることができます。

おいおい結構長いぞ‥急に足がすくみ始めます(笑)

渡り始める前にもう1枚。とにかく大きい!

さてさて渡りましょうか!

絶景かな嗚呼絶景かな

渡り始めると天気も良かったせいかとても気持ちが良い!

そして橋から見渡す景色がこれまた絶景!

三島市街を見渡すことができます。

そしてもちろん富士山も!

この日は天候に恵まれたおかげか雲のかかっていない富士山も撮影に成功!

「おー」となんだかため息。

全長400mほどですが、渡るのは15分程度でしょうか。

吊り橋だから揺れるのかな?と思いましたが、歩いている分には全然分かりません。

止まって写真撮影などをしているときに揺れを感じます。

ちなみに歩道(橋)の中央部分は網になっていて下を覗くことができるのですが、

とてもじゃないけど怖かった為、撮影し忘れちゃいました。

足裏にべっとりと汗をかきつつも反対側へ到着。ふぅ。生きてて良かった(笑)

 

渡った反対側では‥

ウォールクライミングが出来たり、

アスレチック(これは結構デカい!)で遊ぶことができます(全て有料です)。

対岸側にも食べ物を売っていたり、休憩するところもあるのでご安心を。

少ししたら、また橋を渡って帰っていきます。

橋の上は基本的に左側通行なので、帰りは行きとは違った景色を楽しめます。

まとめ・施設詳細

いかがだったでしょうか?

三島スカイウォークではこの他にも季節に合わせたイベントを開催しています。

ナイトウォークや花火(8月予定)なんかも。気になる方は随時チェックしてみてください。

高いところは正直得意な方では無いんですが、安全に絶景を楽しむことが出来ました!

吊り橋意外にも意外なお土産や食べ物も多くて、観光バスがずっと出入りしていたのも納得できます。

ご興味ありましたら是非!高いとこ苦手な方は当記事の写真で雰囲気だけでも(笑)

【施設詳細】

ホームページ: 三島スカイウォーク

営業時間:9:00〜17:00(年中無休) ※天候などにより閉鎖あり

料金 : 大人:1000円 中高生:500円 小学生:200円 ベビーカー:500円 ペットカート:500円

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

↓静岡県に行くなら是非!

るるぶ静岡(’19) 清水 浜名湖 富士山麓 伊豆 (るるぶ情報版)

価格:1,026円
(2019/7/9 05:31時点)
感想(0件)

 

 

コメント