チャップマンスティック‥の前にベース始めました

この記事は約3分で読めます。
広告
広告
広告

ベースとの出会い

地元のライブハウス等で10年近くソロギターで音楽活動をしていました。

仕事やら何やらの理由で活動をしばし活動を休止していて、

しばらく楽器はいいかな‥と思っていたけどこちらの楽器に急に興味が出てきまして‥

「チャップマンスティック」という楽器です。

恐ろしく雑に言うとギターとベースが1つになっていて複雑な音を出すことが可能な楽器です。

実はこちらのサイトで既に注文しちゃいまして‥

Stick Japan Importers
Chapman Stick®正規輸入総代理

チャップマンスティックの輸入代理店です。担当のラムジィさんもとても丁寧な対応で、

商品が届く前から既に満足しています。

チャップマンスティックは届き次第、練習記録や色々をこのブログに記していくつもりです。

そろそろ「記事のタイトルと関係ねーじゃねーか!」って声が聞こえてきそうです。

ベースとの出会いは次の項で(笑)

※2019/07/29 追加:その後チャップマンスティックが届いてからの記事へのリンクを当記事の最後に追加しました。チャップマンスティックに関する記事をお探しの方は是非そちらも読んでやってください。

待ち切れずに‥

上記のチャップマンスティック、今年の夏頃に注文したのですが、

納期に3〜5ヶ月掛かるとのことでした。

1つ1つがオーダーメイドだから仕方がないんですが、なんだか待ち切れなくて。

そんな中、ふと楽器店をふらふらしてたら1本のベースが目に止まりました。

YAMAHA TRBX605FM でした。

5弦ベースです。

チャップマンスティックの1部はベースであり、

ベースラインやら色々勉強しなきゃなーって思っていたところでの巡り合い。

弦は普通のベースより1本多いですが「なんとかなるだろう」と思い見た目が気に入ったので即購入。

バンドをやっているわけでもないのですが、その日からベーシストです。

さてどうするか‥

とりあえず新しい楽器って触っているだけでテンション上がります。

嗚呼、眺めているだけて幸せ(笑)

簡単なドレミファソラシドをやっているだけさえも。

ひとまずはチャップマンスティックを意識して色々やってみます。

いろんな曲をコピーしてベースラインの作り方を覚えたり、

ソロベースなんかもやってみたら面白そう。

気づいたのはベースってギターのそれ以上に

「ミュートが大切」

なんだなーって痛感。

今はとにかく色々いじってみます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「チャップマンスティック」で検索で来られた方、その後チャップマンスティックが

届いた日の記事はこちらです。

その他チャップマンスティックに関する記事はこちらよりお読みいただけます。

コメント