多弦楽器のためのTAB譜作成ソフト「Tabledit」

この記事は約2分で読めます。
広告
広告
広告

TAB譜とは…

まもなく手元にMyチャップマンスティックが届くということで

毎日ワクワクしています。

いざ手元に来たら演奏するために練習するのですが、そのためには譜面が必要です。

譜面を買うっていうのも手ですが(探せば売ってます。)、如何せんマニアックな楽器であるため、既存の曲をそれ用に自分で変換しなければなりません。

もちろん譜面も見ずに頭の中のメロディを意のままに操るように弾けるようになればいいのですが…

それはまだまだ先の話になりそう。

ギターやベースでは普通の楽譜の代わりにTAB譜(たぶふ)というのを使用します。

もちろん普通の5線の楽譜が読めるに越したことはないんですが、

慣れるまではなかなか大変。

TAB譜は数字を線を用いてそれよりも簡単に音を表現しています。

(気になる方はこちら)

こんなソフトがあった!

今回僕はチャップマンスティックを手に入れるのですが、

そのためのTAB譜作成ソフト、何かいいのないかな?って探していてであったのがこちらです。

「TableEdit」

TablEdit タブラチュア・エディタ ダウンロード
TablEdit は、ギターやその他のフレット弦楽器の&#12479...

ギターやベースのためのTAB譜作成ソフトは星の数ほどあるのですが、

こちらはどっこい、スティックのような多弦楽器にも対応。

他の民族楽器もいけるそうです。

(設定「Score」→「Instrument」→「Tuning」で弦の数などを変えられます。)

他の機能はいろんなTAB譜作成ソフトとほぼ同様。

多少の差はあるけど、ひとまずスティック用の譜面が作成できてよかった!

シェアウェア版なので、まずは体験版を試用してみてはいかがでしょうか?

私のPCでは対応していたので正規版を購入(5,400円)することにしました。

作成したファイルはiOS版のアプリで簡易ビューで見ることが出来たり…

いろいろ発展的な使い方ができそうなので、

便利な使い方があったらまた当ブログにて紹介させていただきます。

コメント