初心者向けチャップマンスティックの練習法(メジャースケール両手編)

この記事は約3分で読めます。
広告
広告
広告

要はドレミですよ

指の準備体操として今回は「メジャースケール」を左右の手で弾いてみましょう。

メジャースケールっていうと格好良いですが要はドレミファソラシドのことです。

また、以前にも「ドレミを弾こう!」という練習方法を紹介いたしましたが、

今回は左右バラバラではなくギターサイドに無尽に広がるドレミファソラシドを

左右の手を使って弾いてみようという記事です。左手が普段とは異なる指使いになって新鮮ですよ。

前回の記事は単なる指の練習でしたが今回はより音楽っぽい練習方法です。

ポジションの確認

今回はギター部分のみを使いましょう。

低いドレミファソラシドを左手で、

高いドレミファソラシドを右手でやってみましょう。

(慣れたら逆もやってみましょうね)

それではポジションの確認で



指づかいと練習フレーズ

指使いについて

これはケースバイケースといえばそれまでなのですが、

どちらも起点となる「ド」を人差し指で。

中指で押さえてもダメではありません。

曲によっては前後のフレーズの関係で中指の方がいい場合もありますし。

ひとまずは今回は左右両手ともに「ド」は人差し指で。

以下ボクの場合の運指を紹介します。

ド(人差し指)

レ(中指)

ミ(人差し指)

ファ(中指)

ソ(薬指)

ラ(人差し指)

シ(中指)

ド(薬指)

※薬指の代わりに小指を使ってもOKですが、将来的なことを考えて小指を残しておくこの運指をお勧めします。運指には綺麗なフォームはあっても「これが絶対正解!」というものは無いので、まずは自分にしっくりきそうなものをひたすら練習することをお勧めします。

練習フレーズ例

では練習してみましょう。

(その1)ドレミファソラシドを交互に

(その2)ちょっと混合させて

(その3)同時に

最後のフレーズは少し難しいですね。頭が混乱しそうになりますが落ち着いてはじめはゆーっくりやりましょう。

隣り合う弦の音が綺麗に出ているかもチェックポイントです。



練習のポイント

とにかく最初はゆっくりと

これにつきます。はじめはメトロノームなどに合わせる必要もありません。

まずは完走をめざしましょう。それができるようになったらメトロノームなどに合わせて。

それでも、スピードは50~60ぐらいでゆっくりと1つ1つの音を丁寧に。

ドの位置を覚えよう

これを機に指版上の「ド」の位置を覚えましょう。丸暗記でもなんでもいいです。

ちなみに低い方の練習フレーズの「ド」と高い方の練習フレーズの「ド」は同じ音なので

連続して弾くこともできますね。

オクターブの位置関係

低いドとその1つ高いどの位置関係(オクターブ)を覚えましょう。

2弦飛ばして2つフレットをずらしたところです。これはギターサイドのすべての音に言えます。

本当は指板上のすべての音を押さえた瞬間に分かるといいんですが、

まずはこういうところからコツコツを身体に沁み込ませていきましょう!



まとめ

いかがだったでしょうか?今回は音楽の基本となるドレミを左右の手を使って弾いてみました。

慣れてきたら「ぷりんと楽譜」のようなサイト楽譜を購入しで好きな曲のメロディを追ってみるのもいいでしょう。

左右の手を入れ替えて低い方を右手で、高い方を左手で…といった練習も効果的です。

他にも基本的なパターンを練習したい場合は以前に投降した「こども向けハノンを用いた練習」もいいでしょう。

楽譜 こどものハノン 12476/標準版

価格:1,080円
(2019/7/25 09:54時点)
感想(0件)

ギターなどと違って難しく感じますがコツコツ一歩ずつ焦らず練習も楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント