初心者向けチャップマンスティックの練習法を考えよう!(指の準備運動)

この記事は約3分で読めます。
広告
広告
広告

指を自由自在に動かしたい!

チャップマンスティックを手に入れて、

いざ弾くぞ!となっても先人のように華麗な指さばきには程遠くて

途方に暮れちゃったりします。

「千里の道も一歩から!」

そんなわけで地味だけど、効果のある練習法を考えてみました。

この練習法は私自身がギターの練習をしていたときに行っていたものを

多少応用したものです。ギターやベースからチャップマンスティックに

入った方はまず右手でメロディを奏でるのに苦労するかと思うので

右手の指を中心に紹介させていただきます(もちろん左手にも応用できます)。

そもそも人間の指って…

左右の手に5本ずつの指があります。

この指たちは人間の進化の過程で、物を掴んだり細かい作業をするために

進化をしてきました。

構造的に隣り合った指(人差し指と中指)を同時に動かすのは

簡単なんですが、それらを独立して動かすのは訓練(≒練習)が必要です。

ってなワケでとなりあった指を交互に動かすエクササイズを推奨します。

やってみよう!

フレットは適当(写真は4弦13フレットあたり)でいいんですが、

指を交互に動かします。

まずは人差し指

次に中指

これを交互に。

人差し指→中指 だけじゃなく、逆(中指→人差し指)もやります。

1フレット飛んで…

人差し指

中指

TAB譜にするとこんな感じです。

 

これをメトロノームに合わせてじっくりと練習。

メトロノームいやだーって方も多いかもしれませんが、

まずはテンポよく指を独立して動かすことが華麗な演奏への第一歩です。

ちなみにテンポはbpm60ぐらいでゆっくりと。

早くひくよりも「テンポに合わせて、音をなるべく伸ばしつつ」です。

 

同様に中指/薬指の組み合わせ、薬指/小指の組み合わせ(これが結構手ごわい)も

やりましょう。

組み合わせは人差し指/中指のときと同じです。

これを練習の最初に数分ほどで全パターン行います。

1つ心構えとしては

「もしその日うまくできなくてもムキにならないで、次のパターンに行く」

でしょうか。出来るまでやってると嫌になります。

とりあえず毎日毎日、コツコツとこの運指運動を1回通り繰り返します。


続けていくと…

毎日コツコツ続けていくと、最初は苦手だったパターンもスラスラ出来るようになります。

早ければ1週間ほどで効果を体感することができるかと思います。

他にもいろんなパターンが考えられますが、

それは各自アレンジしていけばいいかと思います。

こんな僕もチャップマンスティックはまだまだ初心者なので

こつこつこの練習をしつつ指が独立して動くように精進したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【追記】チャップマンスティック初心者向けの練習方法の記事はこちらもどうぞ!


コメント