何事も基礎から!チャップマンスティックの練習法を考えよう!

この記事は約3分で読めます。
広告
広告
広告

途方にくれる

いよいよ手に入れたチャップマンスティック!

チューニングもしてアンプからも音を出していざ!‥となるんだけど、

いきなり既に演奏している方々の様に弾ける訳もなく(・へ・;)

千里の道も一歩から!ということでまずは基礎からコツコツ頑張ろうと思います。

同梱されている教則本を亀の歩みで翻訳しつつ、

以前にソロギターをやっていたときに行っていた練習法でまずはアプローチしてみようと思います。

以下のテーマで。

  • 右手の基礎練習
  • 左手の基礎練習
  • やっぱ両手で弾いてみたい!



右手の基礎練習

ギターと違って右手でメロディを引くことが多くなりそうです。

そしてタッピングによっぽど慣れていない人でも無い限り、

右手が意外と動かない(・え・;)

というわけでまずは基本のドレミファソラシドから。

赤い丸がルート音(基本となる音)です。

これをド(C)にして鳴らせばいわゆる「ドレミファソラシド」

これをあらゆるポジションで上下行する基礎練習をします。

‥といってもパターンを作るのもめんどくさいし、どうすれば?ってことで

ボクが活用したのが「子供用のピアノのハノン」です。

単純なドレミファソラシドのパターンがいろいろ書いてあります。

TAB譜じゃないとやだよーって人、これを機に5線譜に慣れましょう。

子供用のハノンはシャープやフラットがついていないので、音符も読みやすいです。

これを位置を変えていろんなポジションで弾けるように(レ始まり、ミ始まり‥)。

こどもようだからって舐めたらいかんぜよ。

新編 こどものハノン 上/学研プラス 【ピアノ教本】

価格:864円
(2018/12/20 07:59時点)
感想(0件)

左手の基礎練習

これもどうしよっかなーといろいろ考えたんですが、

ひとまずはコードを覚えようと思います。

指板の音名を覚えるためにベースラインかな?とも思ったんですが、

まずは練習しやすいコードで。

(注:ベースサイドです)

赤丸をルートに以下のコードを押さえれば大概の曲が弾けるかと。

例えばセブンスコードの右の水色の丸を1つ左にずらせばメジャーセブンスコードになります。

これらを覚えてひとまずは好きな曲でも弾けるように何度も何度も左手で追ってみます。

やっぱ両手で弾いてみたい!

とはいえチャップマンスティックといえば

あの両手でバラバラにベースとメロディを弾く感じですよね!

いきなりエグいことはできないので、ひとまずかーんたんなピアノの曲の楽譜を

買ってきて練習することにしました。

「両手を同時に動かすにはどういう感覚か?」

「目線はどこに移すべきか?」などなどを習得したいと思います。

ちなみに私はこちらの「ぷりんと楽譜」で入門〜初級のピアノ楽譜を買って

練習することにしました。



まとめ

とにもかくにもスティックに慣れる!

それに尽きるかと思います。

  • 基本はドレミファソラシド
  • コードを押さえて好きな曲を!
  • なんちゃってでも両手の感覚を味わってみる!

こんな感じです。

奥が深く、難易度も高めですが楽しく付き合っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント