チャップマンスティック奮闘記:演奏動画「川の流れのように」

この記事は約3分で読めます。
広告
広告
広告

まずは動画から

美空ひばりさんの楽曲「川の流れのように」をチャップマンスティックで弾いてみました。

この曲、作詞はAKB48などでおなじみの秋元康さんなんですね。意外。

それでは動画です。

見返してみて(反省)

今までの曲とレパートリーと違って、左手も右手も両方とも8分音符が重なる部分があったり、

コードもとは違ってバリエーションが増えています。

まだまだ安定していませんが、この辺のコードが弾けるようになれば大概のコードの

曲は弾けるようになるのではないでしょうか。もちろんアレンジのバリエーションはまだまだシンプルですが。

チャップマンスティックに限らず、やはり自分が「苦手だなー」って思っているところは

速く弾いてしまっていますね。やはり時折動画で撮影して自分の演奏を見返すことは大切ですね。

アルペジオの解説

基本的にギターサイドは右手でメロディを弾いているだけです。

ベースサイドは以下の表のコードを弾いてアルペジオにしています。

※2019/7/11ダイアグラムを差し替えました。ご指摘ありがとうございました。

赤丸の部分がルートなんですが、これを人差し指にするのか中指にするのか?はケースバイケースな気がします。

もちろん慣れればとっさに出てくるんでしょうけど。いずれにしてもまだまだ弾き込みがたりないのでもっと安定してのびやかに演奏できるように頑張ります!

他のコードが出てきた場合も同様にアルペジオを作ればいいのですが、ややコード理論の学習が必要です。

ちなみにコード理論を学習したい方には以下の書籍がおすすめです。

絶対わかる!コード理論 THE PERFECT COMPILE[本/雑誌] (楽譜・教本) / 北川祐/著

価格:2,592円
(2019/7/10 09:13時点)
感想(0件)

少し分厚くて骨太ですが「すぐわかる〇〇入門!」や「漫画で分かる!~」とかやさしく解説してあるものもありますが、こちらは音1粒1粒から解説。どうせやるなら基礎からキッチリ覚えた方がいいです。各章に練習問題もついているのですぐに復習出来て安心です。「コード名からコードが作れる」「転回してオンコードのベースラインが作れる」「G7→Cがなぜ落ち着いた感じになるのかがわかる」などなど理屈から入るので読み終えた後はきちっとした理論が身に付きます。ボクはこれ1冊あれば問題なし!と思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

初心者の方は以下の記事も良かったら参考にどうぞ!

チャップマンスティック初心者向け練習法!ドレミを弾こう!

チャップマンスティック初心者向け!コードを弾いてみよう!


コメント

  1. アバター A より:

    こんにちは。
    6thとdimのダイアグラムまちがってますよ

    難しい楽器ですがこれからもがんばってください。
    失礼しました。

    • ししこ ししこ より:

      ご指摘ありがとうございます!dimは単純に違っているのはわかったのですが、6thは1-5-6と鳴らしてるつもりなので間違いではないのでは?1-M3-6と鳴らすフォームの方でしょうか?
      少し研究してみます。これからもコツコツ頑張ります。

  2. アバター A より:

    同一弦上に5、6度が記載されていたのでコードフォームとしては疑問を感じた次第ですが同時には弾かないということですね。失礼しました。
    アルペジオで弾く場合ですと6度をoctあげると各音ノートが持続して良い響きになるかもです。

    • ししこ ししこ より:

      なるほど。納得しました。たしかに六度の位置が中すぎて濁ってる感じもしますね。メロディーとの兼ね合いも考慮しつつ色々試してみます。コメントありがとうございます。