キイロイトリ写真館(春を探して編)

この記事は約2分で読めます。
広告
広告
広告

いざ出発!その前に…

昨日の話ですが、朝からちょっとおでかけしたい気分に。

まずは朝ラーメンを食べて…。その後浜名湖へ。

さてさてまずは梅園におでかけです。

しだれ梅・花桃

梅園に到着すると農家の方が丁寧に説明してくれました。

実はすでに花のピークは過ぎているようで。

しかしこのしだれ梅、枝を一本一本綺麗に湾曲させて垂れさせるために一本一本丁寧に添え木などをして形を保っているそうです。ちなみに下の写真のもので樹齢約80年。

満開の花も見たかったけど、そういったお話を聞くと見る目も変わって何か木の歴史といいますか、それまで手入れに関わってきた方々の想いが伝わってきます。

ピークは過ぎたとはいえまだ残っていた花はやはり綺麗。

立派な梅園です。

傘の下でちょいと休憩。

少しあるくと、こちらは花桃が。

キレイなピンク!

今回お邪魔したのは「大草山昇龍しだれ梅園」です。

売店でちょこっとおみやげ(みかん)を買い梅昆布茶をいただいたところへ次の目的地へ。

河津桜

お次は河津桜。これもちょっと遅かったかな…と思いつつも葉桜の緑と桜のピンクが良い感じに混ざって美しかったです。

ちなみに訪れたのは「大東山桜祭り」開催の地である大東山。

余談ではありますが、ボクは花の中で桜が一番好きです。花はどんな花でも美しいと思っていますが、桜に限って言えば見る人の見た時の気持ちに寄り添ってくれてる気がして。

女性のようなやさしさであったり、男性の持つ勇ましさ…などなど、何か見ているときにちょっとだけ心に欲しがっているものを与えてくれている気がして。

毎年毎年、桜を見ては背中を押されたり優しい気持ちにさせてもらってます。

同じ河津桜のさく川辺の向こうには菜の花畑が広がっていて…

菜の花

中々の広さの菜の花畑!

ピヨさんは余裕こいてますが、ボクは結構な量の蜂におびえながら(笑)撮影。

キイロとキイロが合いますね!

もうすぐもうすぐ…

半日ほどかけて春の植物を満喫してきました。

見上げれば綺麗な花々が…でもふと立ち止まって地面を見てみると…

ここにも春が!

バタバタしたり気持ちが晴れない時も、時には立ち止まって地面に力強く咲く季節の変化に目を向ける余裕が欲しいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

次はお花見かな?

コメント